ムートンブーツ

足元の防寒対策の必需品として、近年は羊の毛で作られたムートンブーツを愛用している方が世の中に多いのではないでしょうか?しかしこのブーツは本来、寒さ対策として作られた商品ではなかったのです。
ムートンブーツがなぜ作られたのかについて紹介してきますね。1970年代前半。オーストラリア人のサーファー、シェーン・ステッドマンによってこのブーツは開発されました。開発目的の主となる部分は「海からあがって冷えた足でも履くことが出来るような靴を作ろうと思い立ったからです。吸収性の高い羊毛を内側に施し、濡れた足を乾燥させるために作られたわけですね。
この靴はサーファーの方に愛用され、存在が広まっていきました。そして1982年にUGHを商標登録しました。
しかしその後、1970年代後半になると、オーストラリア人の別のサーファーの男性がアメリカにブーツを輸入。その人気はたちまち全世界中で広がっていきました。ニューヨークを中心としたアメリカ全土での販売が開始され、セレブや若者を中心に瞬く間にその人気は広まったのです。この時、アメリカにブーツを輸入した男性こそ、今でこそ大活躍しているブライアンスミスなのです。はじめの頃は足を乾燥させるために作られたものだったのに、今や冬場の大人気ブーストなっていますね。