夏の影が落ちる

夏の影はどうしてこんなにも心を揺さぶるんでしょうか。
日が高い分、影が濃くなるのは、さながら人生の縮図です。
経験がある人は分かると思いますが、いろんな分野で眩しいくらいのものを残すと、後ろに伸びる影は比例して濃くなっていきます。
そういうものです。
どこかで聞いたのですが、才能というのは「暗い部分を許容できるか」どうかであるという趣旨の話を聞いたことがあります。
これはそのとおりでしょう。
どれだけの才覚があろうと、影の濃さから逃げているうちは、成長することはできません。否応なくそんな状況に追いやられて、その才能が目覚めることは、果たして幸運なのでしょうか。なぞですね。文章というのは、なかなかに表現が難しいものです。