大きな治療が必要になる患者はあまり訪れず

私が初めて医師としての仕事を始めるときに気を付けたのは、病院の姿勢や身につけられるスキルについてでした。病院によっては若い医師では十分に活躍できない場合もあるようだったので、少しでも実力がつけられる現場を選ぼうと思いました。スキルだけでなく、資格の勉強や先輩医師から色々学べることも重視しました。

求人サイトをチェックしたときには、スキルと年収、最低勤続可能年数などでした。まだ将来のことはわかりませんでしたが、あまりリスクが高い現場を選ばず、少しでもスキルを身につけられる場所を選びました。先輩からの意見もあり、新人の育成やブランクのある医師でも受け入れている病院を選ぶことにしました。

地域の病院でしたが、大きな治療が必要になる患者はあまり訪れず、内科や小児科よりの大きな病院でした。深刻な治療が必要な患者は先輩医師が受けており、私は診断や外来対応をしつつ経験を積んでいきました。求人サイトはいくつか種類がありましたが、広告が多いところではなく、医師向けの詳細な情報が書かれているところを参考にしました。

病院の情報も口コミや評価が分かりやすく工夫されているところをしっかり参考にしました。あちこちのサイトも比較して利用しやすく信頼できる病院をみつけたので、就職でも困ることはあまりありませんでした。勤続年数は2年ごとに更新されるので、次に転職をする場合にも対処しやすい職場でした。医師同士の連携もしっかりできており、個人的には長く勤務したいと思える病院です。

また、先輩医師のアドバイスで、次に転職をする時には、病院の先輩や経営者から紹介してもらえるような所を教えてもらえると、医師としてはその後がうまく立ち回りやすいとのことでした。先輩との話も参考にしながら、今の仕事も全力で頑張りつつ、転職を進めていければと思います。

Check → マイナビ薬剤師の口コミ