家を取られずに済みました。

借金が多くて返済することができなかったので、自己破産するしかないと考えていたのですが、弁護士に相談すると自己破産してしまうと持ち家や車などの財産が無くなってしまうので、債務整理をするほうが良いと勧められました。
債務整理はよくわかっていませんでしたが、話を聞くと返済が楽になることがわかりました。自分としても返済ができるのであれば、返済したい気持ちは強かったので、債務整理をお願いする事にしたのです。
それから弁護士は借りていた金融業者に交渉を行ってくれました。
今のままでは自己破産してしまうので、どうにか返済する金額を減らしてくれるようにと交渉して頂いて、金利と元本を減らすことが出来ました。
想像以上の金額を減らすことが出来たので、これなら自己破産する必要もなく、返済することができると喜んだのです。
債務整理はデメリットもあって、他のローンを組んだりもできなくなりますが、返済金額が減る方がデメリットより大きいです。
毎月の返済額が減ることで子供にもおもちゃを買ってあげたり遊びに連れていくことも出来るようになったので、弁護士には感謝しています。
会社にも債務整理で解決したことを伝えたので、これからは仕事を頑張って返済していきたいです。債務整理とは